プロフィール


白石ひでのり

大学を卒業後、本格的に音楽活動を開始。
当初は弾き語りやカナダ人、アメリカ人と組んだロックバンド「on音the楽rock」で活動していた。
弾き語りでは、NHKやテレビ朝日系の番組で特集を組まれ、ニューフォーク・メッセージ・フェスではグランプリを獲得、
さらにFM愛媛「カモンあつまレディオ」番組内ウィークリーチャート1位を獲得した。
2006年から2012年まで元ジャパハリネット鹿島公行と共にロックバンド「ニッポリヒト」で活動。
2枚のアルバムを全国発売した。同バンドの楽曲をアイドルグループ「ひめキュンフルーツ缶」が
カバーし、「例えばのモンスター」はオリコンインディーズシングルチャート5位、
「バズワード」はオリコン総合シングルチャートで34位を記録した。
「ニッポリヒト」を解散後、現在はロックバンド「キミトサイン」で東京を拠点に活動。
ひめキュンフルーツ缶に楽曲提供した「覚醒ミライ」がオリコン総合シングルチャート24位を記録した。
2017年11月「キミトサイン」解散後ソロで活動中。


略歴


2001-2002


-on音the楽rock/the socks/白石ひでのり-

広島の大学を卒業後、愛媛県で本格的に音楽活動を開始。

弾き語りでいろいろなライブハウス、barなどでライブを敢行。

NHK゛てれごじ゛では白石ひでのりを密着取材した模様が放映される。

南海放送ラジオの番組で゛はてしない独り言゛がエンディング曲としてつかわれる。

同年カナダ人のjackと共にアコースティックバンドon音the楽rockを結成。

メンバー/白石ひでのり(vo.g)Jack(vo.g)Phoebe(vo)Jeff(ba)リョータ(dr)

bar"sala sol"で月に一回ライブを敢行。松山のアンダーグラウンドで100人を越える動員数をほこるバンドへ成長。



2003


-on音the楽rock/ROMP/the socks/白石ひでのり-

Jeffの帰国によりon音the楽rock解散。

同バンド主軸メンバーだったJackとリョータさらにbassにmocchiを迎えロックバンド゛ROMP゛を結成。

ソロではコンテストでグランプリを受賞。 シンガーシェルで月一回のワンマンライブを開始。

2006まで、このワンマンライブを続ける。

またPhoebeとJoとアコースティックバンド゛the socks゛を結成。数少ないライブで高い評価をうける。



2004


-ROMP/the socks/白石ひでのり-

ソロ音源の曲が、FM愛媛"ロッキンレディオツアー゛番組内デイリーランキングで度々一位を獲得。

同年the socksにmocchi(ba)を迎える。

ROMPのdrリョータ脱退によりdrお~ちゃんを迎える。



2005


-ROMP/the socks/白石ひでのり-

Jack帰国によりROMP解散。

松山のアコースティックシーンを盛り上げるべく仲間達と裏松山計画というイベントを開催。

現在も、松山在住のスタッフにより、このイベントは継続中、松山の数多くのミュージシャンが出演している。
テレビ朝日系「ミュージックファイター」では自身の活動と共に、このイベントの概要が紹介された。



2006


-ニッポリヒト/白石ひでのり-

鹿島公行(exジャパハリネット)、中岡良一(exジャパハリネット)、同時期に井上卓也(Norange)

をサポートに迎え、ニッポリヒトを結成。

松山サロンキティにて初ライブ。観客、業界関係者から高い評価を得る。

四国最大のロックフェス『モンスターバッシュ』に出演。BEAT

CRUSADERS/ELLEGARDEN/チャットモンチー/木村カエラ/風味堂/吉井和哉/THE BACK

HORN/湘南乃風/THEイナズマ戦隊/10-FEET/ストレイテナー/スムルース等と共演。ライブ二回目での出演という大抜擢だった。



2008


-ニッポリヒト/白石ひでのり-

ニッポリヒトに専念するため、ソロ区切りのライブとして、中山野外音楽堂「MONONOKE MUSIC CAMP 2008」に出演。


実験的完全自主音源、限定発売「Demo5」1000枚限定発売。完売。

西森雄一(gt) 加入。

EAT愛媛朝日放送『白球青春2008めざせ!甲子園』 テーマソング『肯定前夜』

ベース鹿島公行レギュラー番組 TBS系ITV『mumu』 テーマソング『疾走の隙間』

自主イベント『夜想昼夢vol1』『夜想昼夢vol2』を行う。

ミドリ×ニッポ・リヒト×8otto 3マンライブを行う。

肯定前夜tourを行う。

No Regret lifeのレコ発tour愛媛、高知、香川に参加。

西森雄一(gt) 中岡良一(dr) 脱退 。



2009

-ニッポリヒト-

東京に活動拠点を移す。

東京初ライブは、 TEAM VERYS×ニッポリヒト 2マン。(アコースティック)

林大輔(gt)、笠原ゆうじ(dr)加入。



2010

-ニッポリヒト-

大沢樹生総合プロデュース作品、映画「捜査線 LINE OVER」で「迷走フィーリング」がエンディングで使用される。

企画、山田浩貴、監督、前田直樹、出演、大沢樹生、夏川純、小沢仁志。

村瀬隆久監督作品、映画「恋しちゃったんだ、多分…。ウソ」で「LOOP&LOOP」が主題歌に、

「迷走フィーリング」がエンディングに使用される。



2011

-ニッポリヒト-

white ant record から

1stfull album 「count2」をrelease 。

自主イベント『夜想昼夢vol3』を開催。

ニッポリヒトtour 2011 count2を行う。

Double A side free distribute tour を行う。

Double A side free distribute tour限定無料配布シングル

「例えばのモンスター/絶望よ!こんにちは」を配布。

ひめキュンフルーツ缶が3rd single coupling trackでニッポリヒト「LOOP&LOOP」をcover 。



2012
-ニッポリヒト/qusco/白石ひでのり-


2012.4 1stfull album 「count2」が 好評であり発売要望の声が多数あった 昨年の Double A side free distribute tour での ライブ会場限定無料配布音源「例えばのモンスター/絶望よ!こんにちはC/W風に」を特典につけて、Amazing D.Cから全国流通開始。
2013.2 ひめキュンフルーツ缶 6th single 「例えばのモンスター/C.W TURN OF THE WORLD」cover
オリコンインディーズチャートで5位を獲得。

2012.7 6年間の活動の終了を発表。

2012.9.7 ニッポリヒト 2nd アルバム「世界は時々、夢を見る」Amazing D.C.より全国発売。

2012.9.23 新高円寺club linerにてレコ発&解散ワンマンライブ開催。ソールドアウト。

同日以降、ソロ活動再開。


2012.10 ニッポリヒト林大輔と新バンド「qusco」を結成。その後「キミトサイン」に改名。

http://kimitosain.com/

Vo,Gt白石ひでのり

Gt,Cho林大輔

Ba,Cho近藤佑太

Dr,Cho森田崇義



2013
-qusco/白石ひでのり-


qusco 1st demo double A side single [僕が僕であること / evolution ] release
2曲入り¥500

2013.2[僕が僕であること / evolution ]を
i tunesで配信開始。1曲150円。

2013.1「僕が僕であること」「evolution」の2曲が
FM愛媛「Narrowband Camp」の
3月のオープニングとエンディングテーマに決定。

FM愛媛「Narrowband Camp」
毎週土曜日 24:00~24:30


宮崎ユウと白石ひでのり」の楽曲 「あの頃の未来」が
南海放送ラジオ「ラジオに帰ろう」のエンディングテーマに決定。

南海放送ラジオ「ラジオに帰ろう」 毎週土曜日20:00~


2013.6 ひめキュンフルーツ缶 8th single 「バズワード」ニッポリヒトcover
オリコン総合シングルチャートで34位を獲得。

2013.3 key中川大一(スケルトンズ)、3.25に行われた下北沢440のライブからサポートとして加入。

2013.9.5
ゼーゼーハーハー、qusco共同企画「風味絶佳」を下北沢club Queにて開催。
200人を動員。

2013.11 key有田裕美加入。


2014

2014.1.16
qusco初の単独企画「heso fes vol1」を下北沢440にて開催。

2014.2.16
白石ひでのり企画「裏松山計画vol25」を松山キティホールにて開催。
100人を動員。※白石弾き語りでの公演。

2014.5.11
白石ひでのり&道後レグレットカフェ企画「bymyself」を道後レグレットカフェにて開催。
sold out。※白石弾き語りで公演。当日限定の音源を来場者全員にプレゼント。

2014.6.20
ゼーゼーハーハー、qusco共同企画「風味絶佳vol.2」を下北沢club Queにて開催。
180人を動員。

2014.9
ba谷弘平脱退。

2014.9
ba近藤佑太加入。

2014.10.30
qusco初のワンマンライヴ「heso fes vol.2-quscoワンマン-」を下北沢club Queにて開催。

2014.10.30

バンド名をquscoからキミトサインに改名。

2014.12.24
ひめキュンフルーツ缶 メジャー2ndアルバム「電撃プリンセス」に収録されている
「君と描いた未来」を白石が楽曲提供。

ひめキュンフルーツ缶「電撃プリンセス」
2014年12月24日発売(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
生産限定盤(CD+DVD)¥3,241(税別)(TKCA-74165)


2015

2015.1.14
MAD MAGAZINE RECORDSより
「蛍光サイレン」全国リリース
キミトサイン「蛍光サイレン」 2015年1月14日発売(MAD MAGAZINE RECORDS)
1.蛍光サイレン 2.消せらセラレル 3.小さな悪魔 4.ハピネス
発売定価¥1200+税(品番BJCD-48)

2015.1
「蛍光サイレン」がFM愛媛「Narrowband Camp」の
1月のエンディングテーマに決定。

FM愛媛「Narrowband Camp」
毎週土曜日 24:00~24:30

2015.1.12、1.16
キミトサイン「蛍光サイレン」レコ発イベントを開催
1.12「heso fes vol.3-レコ発東京編-」を渋谷TSUTAYA O-crest、
1.16「heso fes vol.4-レコ発松山編-」を松山サロンキティにて開催。両日共に100人を超える動員。

2015.6.3
白石ひでのり×四谷天窓共同企画「響界線」を四谷天窓にて開催。

2015.8.15
愛媛県伊予市で行われた野外フェス「DISCO INFERNO2015」に出演。

2015.9.2
MAD MAGAZINE RECORDSより
「覚醒ミライ」全国リリース

キミトサイン「覚醒ミライ」 2015年9月2日発売(MAD MAGAZINE RECORDS)
1.覚醒ミライ 2.ワードレス 3.僕がぼくであること 4.青の少年
発売定価¥1204+税(品番(BJCD-50))

2015.9.9
2ndシングル「覚醒ミライ」の同タイトルコラボレーション
ひめキュンフルーツ缶 メジャー6thシングル「覚醒ミライ」全国リリース。
両収録曲全て白石の作詞、作曲。

ひめキュンフルーツ缶「覚醒ミライ」
2015年9月9日発売(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
初回生産限定盤¥1,574(税抜)(TKCA-74263)
通常盤¥926(税抜)(TKCA-74267)
オリコン総合ウィークリーランキング24位獲得

キミトサイン「覚醒ミライ」が
FM愛媛「Narrowband Camp」の
9月のエンディングテーマに決定。
毎週土曜日 24:00~24:30

2015.10
音楽情報誌”SCREAM”に白石のインタビューが掲載

2015.9.8-11/27
覚醒TOUR2015を行う(全23箇所)
9/23ひめキュンフルーツ缶と渋谷TSUTAYA O-nestでツーマン、
11/27渋谷TSUTAYA O-crestでツアーファイナル「heso fes vol.5」を行った。

2015.12.1
Key有田裕美卒業

2016.2.7
サロンキティ×キミトサイン共同企画「sign in」を松山サロンキティで開催。

2016.5.22
サロンキティ×キミトサイン企画「sign in vol.2」を松山サロンキティで開催。

2016.6.6
キミトサイン企画「heso fes vol.6」を吉祥寺PLANET Kで開催。

2016.6.6
Ba近藤佑太脱退

2016.7.23
support key笹田芽衣、support ba植木貴士を加えキミトサイン再始動。

2016.10.23
白石ひでのり主催「裏松山計画vol.26」を松山キティホールで開催。

四年ぶりのソロ音源「雨・鼓動」を発売(会場限定販売)。

2016.11.18
キミトサインにkey笹田芽衣、ba植木貴士が正式加入。

2017.1.13
dr森田義崇脱退

2017.1.20
dr鶴井啓太加入

2017.8.24
広山詞葉主演、山田佳奈監督作。映画「今夜新宿で、彼女は、」劇中歌「消せらセラレル」、「所在不明」、
第1回渋谷TANPEN映画祭CLIMAX at佐世保2017、ブロンズバーガー賞受賞、広山詞葉が最優秀主演女優受賞。

山形国際ムービーフェスティバル2017で大西金属賞と船越英一郎賞(最優秀俳優賞)を受賞。

2017.11.20
吉祥寺WARPで行われた”momentリリースツアー”ファイナルをもって「キミトサイン」解散。


(C)2013 Shiraishi Hidenori All rights reserved.